醍醐寺 写経体験

 京都市伏見区の醍醐寺で29日、写経体験や普段は非公開で京都府内現存最古の五重塔(国宝)の初層内部見学の催しが行われた.
 約40人の参加が同寺の歴史や連綿と伝わる教えを学んだ.

〇大宮交通公園に自転車教育拠点
 京都市は29日、北区の大宮交通公園内に自転車安全教育の拠点となる「サイクルセンター」を新設する方針を明らかにした.
 北消防署の移転を含む同公園の再整備の一環.
 門川大作市長は29日の市議会本会議で「2020年度の開設を目指す」と表明した.
 市中心部は平らな道が中心で、学生が多いことなどから他都市に比べて自転車の利用が盛ん.
 15年の京都新自転車計画によると、通勤通学の手段に自転車を使う割合が23.4%に上り、政令指定都市では大阪市に次いで高い.
 交通事故全体に占める自転車関連事故の割合も全国平均を上回る.

〇天然のマガキ 冬の味わい
 天然のマガキなどを鉄板蒸しで食べられる「舞鶴湾かき小屋美味星(おいすたぁ)」が12月2日にオープンする.
 市内の漁業者らが運営し「天然ならではの濃厚な味わいを楽しいでほしい」としている.
 かき小屋は、舞鶴の冬の味覚であるマガキを多くの人に知ってもらおうと2013年度から始めた.
 期間中は天然のマガキやサザエのほか、イカやカレイの干物なども出す.
 70分の入れ替え制.予約が必要.1600円から.

上下水道局 十条へ移転

 京都市は29日、京都駅南側の上下水道局本庁舎を市営地下鉄烏丸線十条駅近くの同局資器材・防災センターに移転させ、跡地を京都駅島南部エリアの振興拠点として活用する方針を明らかにした.
 本庁舎は1956年、水道局が市役所から移転したことに伴い建設された.
 敷地面積は約4400平方メートル.
 本館と別館を備え、総務部、水道部と上水道部の管理部門の職員約430人が勤務する.

花背の三本杉 日本一

 林野庁が「日本一高い木」と発表した京都市左京区花背の大悲山国有林に立つ「花背三本杉」について、同庁は28日、最も高い木の高さを62.3mと明らかにした.
 これまで国内最高とされてきた高さ59.6mの愛知県新城市のカサスギを2.7m上回った.
 3本のうち別の1本も60.7mあり、全国1,2位を独占することになった.
 花背の三本杉は、3本そろって天に向かって伸び、地元の峰定寺の神木として信仰を集めてきた.

〇京商「民泊対策強化を」
 京都商工会議所は28日、きょつおしの観光政策に対する要望をまとめた.
 無許可営業の民泊や民泊利用者による騒音で市民の生活環境が脅かされていると指摘.
 民泊の質を高めるルールや違法民泊対策を求めている.
 急増する民泊に対しては、京都らしい良質な宿泊サービスとなるよう市独自の条例を制定し、周辺住民の生活環境を悪化させないための踏み込んだルールを盛り込むよう要請.
 違法民泊に対する指導強化も必要とした.

〇崇仁ドローンで記憶に
 京都市立芸大の移転先となる崇仁地区(下京区)の現在の様子を記録にとどめようと、地域住民や市内の大学生らでつくる「崇仁発信実行委員会」が、小型無人機「ドローン」を使った撮影に取り組んだ.
 上空約70mから、地域のシンボル的存在である柳原銀行記念資料館や元崇仁小などを写し、これから大きく変動するまちの姿を捉えている.
 京都駅東側にある崇仁地域には、2023年度に市立芸大が移転される予定.
 計画によると資料館や下京地域体育館などは現在地に残るが、元崇仁小は取り壊され、崇仁保育所は移転する.

平成29年11月29日(水)曇