企画展「弥生・古墳集落とモノづくり」

 京都や周辺の出土品やパネルで、当時の生産技術を伝える企画展が、上京区の同志社大ハリス理科学館で開かれている.
 弥生時代前期の一集落内で農具や日用品、装飾品を作っていた痕跡や、古墳時代の鉄器生産の変遷を解説している.
 3日まで.無料.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です