御香宮神社 迎春へ 手作りしめ縄

 新年に飾るしめ縄作りを体験する催しが19日、伏見区の御香宮神社で開かれた.
 参加者約30人が、慣れない手つきでわらをより合わせ、一足早い迎春準備にいそしんだ.
 氏子でつくる御香宮武者組が、年の瀬を前に伝統技術を継承しようと初めて企画.
 しめ縄作りが趣味の山本さんが講師を務めた.

平成29年11月20日(月)晴

京都南部(Southern Kyoto Prefecture)
最高気温(high)10℃
最低気温(low)4℃
降水確率(Chance of rain)10・10・20%

■地域
〇高瀬川 いけばなで脚光を
 高瀬舟を運行する市民グループ「高瀬川会議」の3代目代表に、西村さんが就いた.
 華道家で、高瀬川に市民が手掛けたいけばなを飾るなど、高瀬川と花の魅力を発信する新たな取り組みにも挑戦している.

〇個性豊か「どこにでもドア」
 段ボールでドアを作り、現代アートに触れるイベント「『どこにでもドア』をつくろう!」が19日、右京区の嵯峨美術大であった.
 同区と西京区の小学4年~中学3年56人が参加、24組のグループごとに個性豊かなドアを作った.
 同地域で活動する京都西南ロータリークラブが創立45周年事業として主催、嵯峨美術大の教員や学生らが協力した.

■交通取り締まり
シートベルト 上京署 河原町通

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です