松尾大社 ”ワン”ダフルはや戌の大絵馬

 西京区嵐山の松尾大社に24日、恒例の特大大絵馬がお目見えした.
 来年の干支の戌がかわいらしく描かれており、府内外から訪れた参拝者でにぎわう境内は、一足早く迎春ムードで満ちていた.
 絵馬は高さ3.2m、幅5.5m、厚さ15cm.
 大社に関わる業者でつくる会が毎年奉納している.
 原画は版画家の故井堂雅夫さんによるもの.

平成29年11月25日(土)晴

〇中京できょうから 京都壬生流がいけばな展
 創流135年を迎えた京都壬生流のいけばな展が、25,26の両日、中京区御池通東洞院西入ルのしまだいギャラリーで開かれる.
 「明日も花とともに・・・」をテーマに据え、「ため」の技術を駆使して「雨・風・長閑(のどか)」の姿を表す伝承華「柳三景」を中心とした34作品が並ぶ.

〇寒空照らす温かな光 右京・ローム本社周辺 イルミネーション開始
 電子部品大手、ロームの本社周辺で24日、毎年恒例のイルミネーションが始まった.
 メタセコイヤの並木などが幻想的な雰囲気に包まれ、地元の家族連れらが写真に収めていた.
 12月25日まで.
 19回目の今回のテーマは「ライトニングサーカス」.
 LED電球は前年より6万個増やして過去最高の86万個とした.