北野天満宮 大福梅で無病息災を

 正月の縁起物「大福梅」の袋詰め作業が27日、京都市上京区の北野天満宮で始まった.
 甘酸っぱい香りがほのかに漂う中、カラカラになった梅の実を巫女たちが手際よく袋に詰めていった.
 大福梅は、梅の名所として知られる天満宮境内で6月に採取した実を使用する.
 塩漬けにした後、夏の日差しに当てて干していた.
 元旦にさゆに入れて飲むと、1年を健康で過ごせるとされる.

平成29年11月28日(火)晴

〇イノシシ 4キロ猛進
 27日正午ごろ、京都市左京区岡崎の平安神宮で、警備員がイノシシを発見し、110番通報した.
 イノシシは境内を走り回った後、西方向に逃げた.
 京都御苑や府庁前など、丸太町通一帯で目撃情報が相次ぎ、パトカーが緊急出動する騒ぎとなった.
 110番から約40分後、イノシシは平安神宮の西約4キロの二条城の外堀に転落しているのが見つかった.
 午後2時半ごろに水中から引き上げられたが、すでに死んでいた.

〇和風や中長期滞在型
 京に2ホテル相次ぎ開業
 東山区や中京区で27日、ホテルの内覧会や新規開業があった.
 京都らしい和のしつらえや中長期滞在型などの特徴をそれぞれ打ち出し、観光客にアピールしている.
 ホテルニューアワジは、12月1日に開業する「清水小路 坂のホテル京都」(東山区、38室)の内覧会を催した.
 東急不動産ホールディングス傘下の東急ステイは「東急ステイ京都両替町通」(中京区、113室)をオープンさせた.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です