東本願寺で「坂東曲」

 下京区の東本願寺(真宗大谷派本山)で営まれている報恩講は28日最終日を迎え、僧侶たちが体を激しく揺り動かしながら念仏を唱える「坂東曲(ばんどうぶし)」が行われた.
 坂東曲は、鎌倉時代から南北朝時代に関東地方の僧侶たちが始めたとされる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です