錦 年の瀬

 年の瀬も押し迫った12月30日、「京の台所」として知られる京都市中京区の錦市場は、正月用の食材を買い求める人や観光客らでにぎわった.
 鮮魚店や乾物店などに豊富な品が並び、迎春ムードに活気づいていた.
 東西約390mのアーケードに約130店が軒を連ねる錦市場では定員による威勢のいい声が響き、買い物客らが品定めをしていた.

平成29年12月31日(日)

伏見稲荷大社に「啼鳥菴」

 京都市伏見区の伏見稲荷大社に、新たな休憩所「啼鳥菴(ていちょうあん)」が完成し、12月28日、公開された.
 喫茶店が入店するほか、無料で休めるスペースがあり、元日から初詣の参拝者を出迎える.
 啼鳥菴は本殿北東側の八島ケ池のほとりにある.
 木造平屋の数寄屋建築で床面積は128m2.
 右京区京北産の北山杉を、はりや柱に使い、屋根は銅板でふいた.
 喫茶店には店内に21人、池に面したテラス席に36人が座ることができる.
 無料スペースでは30人程度が休める.

平成29年12月29日(金)