上御霊神社 応仁の乱から550年

 応仁の乱が勃発して今年で550年となるのを記念し、発端の御霊合戦が起きた京都市上京区の上御霊神社で2日、石碑と説明板の除幕式があった.
 「歴史的な意味を後世に伝えたい」と、関係者が完成を祝った.
 「応仁の乱東陣プロジェクト実行委員会」が寄付者259人の協力を得て設置.
 石碑には「応仁の乱 発端 御霊合戦旧跡」と記され、東軍ゆかりの細川護煕元首相が揮毫(きごう)した.

〇来春開校の御所東小プレ催し
 来年4月、京都市上京区新烏丸通丸太町上ルに御所東小が開校するのを前に2日、同小に通学予定の子どもたちが交流する「御所東・親子ふれあいフェスティバル」が行われた.
 真新しい校舎で、新1~6年の子どもたちが手品などを見て楽しんだ.

〇平安装束で短歌堪能
 平安装束に身を包みながら歩いて歌碑を巡り、自らも短歌を詠んで楽しむ「ちはやぶる宇治の短歌会」が2日、宇治市であった.
 京都や滋賀、大阪から約20人が参加し、平安貴族の気分を味わった.
 万葉集や古今和歌集の歌に詠まれている宇治の魅力を広く伝えようと、市民グループ「ちはやぶる宇治の未来をつくる会」などが初めて企画した.

〇愛宕山の全景 雄大
 亀岡市街地や保津川、愛宕山麓をパラグライダーから撮影した写真展が、亀岡市のガレリアかめおかで開かれている.
 紫野高校の非常勤講師が企画した.

平成29年12月3日(日)晴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です