桂川の筏流し再現

 戦後間もない頃まで、丹波から桂川(保津川)を下り、京都市の嵐山まで木材を運搬した筏流しが12月17日、渡月橋上流で再現される.
 約50mにもなる12連の筏が桂川を流れる.
 亀岡市の市民団体などでつくり、筏流しの復活やPRに取り組む「京筏組」京都学園大民族学研究室、NPO法人プロジェクト保津川の共催.
 昨年同大学であった筏の歴史や復活への道のりを紹介する講演会で、嵐山周辺から参加した聴講者から「筏が動く様子を見たい」との意見を受け企画した.
 当日は、午後2時に渡月橋から約1km上流の右岸の千鳥ケ淵付近から流し、戸無瀬の滝近くの桂川沿いにある琴ケ瀬茶屋で筏を展示する.

〇古川町商店街 食べ歩き祭り
 京都市東山区の古川町商店街は、12月16、17日に「クリスマスお食べやす祭り」を開く.
 午前11時~午後5時.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です