嵐山―高雄パークウェイ マウンテンマラソン

 アップダウンの激しい山道を走るハーフマラソン大会「京都高雄マウンテンマラソン」が12月17日、京都市右京区の嵐山―高雄パークウエイで開かれた.
 全国から市民ランナー620人が出場し、「日本一ハード」とされるコースを駆け抜けた.
 パークウエイの開業50年に合わせ、地元団体などでつくる実行委員会が2014年に始めた.
 今回は28都道府県から16~79歳がエントリー.
 高雄地域と同じ地名の縁で交流する台湾・高雄市からも13人が参加した.
 コースはパークウエイの高雄口と嵐山・清滝口を往復する約21km.
 最大高低差184m.

平成29年12月18日(月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です