赤の装い鴨川駆ける

 サンタクロースやトナカイの姿で走る恒例の「サンタマラソン」が23日、京都市中京区の鴨川右岸で行われた.
 個性豊かなサンタルックのランナーたちがクリスマスムードを盛り上げた.
 市民有志でつくる「サンタクロースになろう会」が毎年催しており、16回目の今回は3歳から78歳までの家族連れや友人仲間など約60人が参加した.
 ランナーたちは午後1時に三条大橋をスタートして四条大橋までのコースを自分たちのペースで往復した.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です