錦 年の瀬

 年の瀬も押し迫った12月30日、「京の台所」として知られる京都市中京区の錦市場は、正月用の食材を買い求める人や観光客らでにぎわった.
 鮮魚店や乾物店などに豊富な品が並び、迎春ムードに活気づいていた.
 東西約390mのアーケードに約130店が軒を連ねる錦市場では定員による威勢のいい声が響き、買い物客らが品定めをしていた.

平成29年12月31日(日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です