乃木神社

 全国高校サッカー選手権大会に出場した京都橘高(京都市伏見区).
 初戦で惜敗したが、6年連続で全国の舞台に立ったのは京都の高校サッカー界で初めて.
 京都大会の連覇が始まった2012年から継続しているのが、学校のそばにある乃木神社での必勝祈願だ.
 大会前の昨年12月22日にも、部員全員で参拝.
 武運長久の名水という「勝水」が流れる手水場(ちょうずば)で手を清め、ほこらの中にある栗の像をなでた後、静かに手を合わせる.
 同神社によると、栗は武士が出陣前に食べたという故事や、乃木希典の好物だったことにちなむ.
 ほこらには「全てに勝ちま栗」と刻まれ、「勝ち運」を招くとされる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です