「京都産」ビール発売へ

 サントリー酒類は、京都府内でビールの拡販に乗り出す.
 京都ビール工場(長岡京市)でつくるビールを「京都産」としてPRし、通年販売の瓶ビールでは初めて地域限定の京都ラベルを作成.
 地元でシェア拡大を図り、商品ブランドを浸透させる戦略だ.
 創業者の鳥井氏を描いた小説の題名にあやかり、「琥珀の夢プロジェクト」と銘打った大規模な拡販活動を始める.
 同工場で生産する主力ブランド「ザ・プレミアムモルツ」シリーズを核に、ビールの全国シェアを直近の16%から30%に引き上げる目標を掲げる.

平成30年4月13日(金)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です