法乗院 糸供養

 楽器に使われてる糸や弦に感謝する「糸供養」が4月15日、京都市左京区の法乗院で営まれた.
 演奏家ら約15人が使い込んだ糸に手を合わせ、芸の向上を願った.
 筑前琵琶の教室を主宰する岡田住職が2016年に始めた.
 3回目の今年は京都市内を中心に、琵琶や三味線、ハープなどの切れて使えなくなった糸や弦が寄せられた.

平成30年4月16日(月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です