いろは旅館跡地 外資系ホテルへ

 2015年に廃業した「いろは旅館」(京都市東山区)の跡地に、外資系ホテルチェーンのアコーホテルズグループが国内初進出する.
 洗練されたデザインのホテルを解説する予定で、来年3月までの開業を目指す.
 開発主体の投資会社ウェルス・マネジメント(東京)がこのほど発表した.
 「Mギャラリーbyソフィテル」.
 平版電気鉄道の三条駅の東側にある旅館跡地約1500平方メートルに、地下1階地上5階建て全144室を建設している.
 年内に完成の予定.

平成30年4月19日(木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です