松尾大社 神幸祭

 京都市西京区の松尾大社の伝統行事「神幸祭」が4月22日、西京区や右京区で営まれた.
 6基の神輿が船で桂川を渡る勇壮な船渡御(ふなとぎょ)に、地域住民らが歓声を上げた.
 祭りは、五穀豊穣を願って平安時代に始まったとされ、別名「おいで」と呼ばれる.
 船渡御は1963年にいったん途絶えたが、83年に復活した.
 神輿が大社に帰還する「おかえり」と呼ばれる還幸祭は5月13日に行われる.

平成30年4月23日(月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です