京都大学 立て看板規制巡り対立

 京都大学の吉田キャンパスの名物「立て看板」が、京都市の屋外広告物条例に違反するとして市から指導を受けている問題で、京大は新ルールを5月1日から適用し、大幅な規制強化に乗り出す.
 一部の学生は「表現の自由を奪う」と反発、4月30日に講演会を開いて問題を広く訴える予定だ
 話し合いを求める学生の要求に大学は応じず、両者の対立は深まっている.

平成30年4月29日(日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です