大徳寺 塔頭特別公開

 京都市北区の大徳寺で戦国武将ゆかりの塔頭3カ寺が特別公開されている.
 修復が終わったばかりの黄梅院の本堂では、真新しい檜皮ぶきの屋根や黄金のふすまに彩られた堂内を見ることができる.
 黄梅院は織田信長が父の追善のために建立した「黄梅庵」に起源を持つ.
 豊臣秀吉が増築を重ね寺院に改めた.
 天正16(1588)年建築で国の重要文化財の本堂は昨年まで修復が行われ、檜皮がふき直された.
 千利休が造ったとされる庭園の一角からは、淡い茶色の美しい屋根が眺められる.

平成30年5月9日(水)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です