建仁寺塔頭 庭園公開

 京都市東山区の建仁寺塔頭、霊源院で庭園「甘露庭」が一般公開されるのを前に5月18日、内覧会が行われた.
 甘茶の原料でヤマアジサイの変種、アマチャが白や青色の小さな花を咲かせ、約700平方メートルの庭園を彩っている.
 釈迦の誕生の際に「甘露の雨」が降ったとの伝説があり、誕生を祝う「花祭り」では甘茶を誕生仏に掛ける風習がある.
 公開は19日から6月17日まで.

平成30年5月19日(土)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です