近畿が梅雨入り

 大阪管区気象台は6月6日、近畿地方が梅雨入りしたとみられる、と発表した.
 平年より1日、昨年より14日早い.
 京都地方気象台によると、ここ1週間は前線が停滞し、雨の日が多くなる見込み.
 6月の降水量も平年並みか、やや多くなると予測している.
 平年の梅雨明けは7月21日ごろ.
 6月6日の京都市内は雨が降り続き、左京区の平安神宮ではハナショウブが見頃を迎えている.

平成30年6月7日(木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です