明治ー現代 京の生活を紹介

 明治ー昭和から現代にかけての京都の街並みや生活を紹介する「みんなの写真展~四条地下道タイムトンネル~」が、京都市の四条通地下道(御幸町ー富小路通間付近)で開かれている.
 地下道の活用策を協議してきた市と所有者の阪急電鉄、四条繁栄会商店振興組合が今年6月、文化スペースとして利用方針を決定.
 今回の写真展が初の実践例となる.
 9月9日まで.

平成30年8月9日(木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です