渡月橋 欄干損傷少なく

 京都市は9月6日、台風21号の強風で欄干が倒れた渡月橋の被害状況を確認した.
 欄干の部材は損傷が少なかったものの、復旧時期は未定という.
 欄干はヒノキ製で、2000年度の改修工事で設置した.
 台風で東側の欄干が全長155メートルのうち約100メートルにわたって倒壊した.
 欄干は猛烈な風にあおられ、木組みで固定していた柱が外れたとみられる.

 平成30年9月9日(月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です