南座 11月1日オープン

 耐震改修のため3年近く休館している南座が、11月1日初日の顔見世で新開場するのを前に、正面の屋根に9月25日、芝居小屋の象徴である櫓が上がった。

 竹の先に和紙を球状に飾り、劇場に神を招くとされる梵天2本も高く掲げられた。
 櫓は江戸時代初期、官許された劇場のみが上げることができた。
 京には七つの櫓が並んだが、約400年にわたり続くのは南座のみになっている。

平成30年9月27日(木)

Minamiza Open November 1

On 25th September the scaffold which is a symbol of the theater.
There are seven scaffold in Kyoto, but only about 400 years have been in Minamiza.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です