京都市 宿泊税スタート

 京都市内にあるすべての宿泊施設の利用者に課税する「宿泊税」が10月1日スタートした。
 市が宿泊料金に応じて1人当たり200円~千円を徴収し、観光客の受け入れ態勢整備や混雑対策などに充てる。
 自体体による宿泊税の導入は東京都と大阪府に続いて3例目で、民泊を含めた全利用者からの徴収は初めて。

平成30年10月2日(火)

Kyoto city starting tax included

“Accommodation tax” to tax all users of accommodation facilities in Kyoto city started on October 1.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です