三十三間堂 観音1001体一望

 京都市東山区の三十三間堂で、新たに国宝に指定される1001体の「木造千手観音立像」を1.2メートルの高さから拝観できる「秋雲壇(しょううんだん)」が初めて設けられた。
 国宝指定を祝う慶讃(けいさん)法要が10月3日から始まるのに合わせて、11月26日まで設置する。

平成30年10月5日(金)
 

A stand made in Sanjusangendo

In Sanjusangendo, a stand was set up that allowed to see 1001 Kannon statues newly designated as National Treasures.
Until Novenber 26.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です