台風21号倒木利用

 京都市街などが一望できる京都市左京区の大文字山(標高466メートル)の山頂で、9月の台風21号の影響で倒れた樹木を利用し、休憩場所を整備する動きが進んでいる。
 強風で倒れた樹木をそのまま生かし、樹皮をはいだり、切れ込みを作ってぐらつきをなくしたりして座りやすく加工している。

平成30年10月16日(火)

Using fallen trees by Typhoon Jebi(No.21)
Production of benches and resting place is proceeding with the use of fallen trees at Mt.daimonji.
Mt.Daimonji is a mountain with an altitude of 600 meters that overlooks the city of Kyoto.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です