嵐山 混雑予想

 特定の観光地に集中する観光客を分散化させようと、国土交通省と京都市、市観光協会は、紅葉シーズンの嵐山地区を対象に、混雑度の予測結果をウェブサイトで表示する実験を行う。
 エリア別に情報提供し、訪問する日と時間帯での検索にも対応する。
 調査地域の各所に設置したセンサーで観光客らが持つスマートフォンのWi-Fiデータを捕捉し、予測する仕組み。

平成30年11月2日(金)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です