鉄道博物館 シクロニ運転再開

 京都市下京区の京都鉄道博物館で、蒸気機関車(SL)C62形2号機が修繕を終え、11月4日から1年半ぶりに運転を再開する。
 アニメ「銀河鉄道999」のモデルになるなどファンの人気を集める車両で、「復帰セレモニー」を同日催す。
 同車は1948年に製造された国内最大の旅客用蒸気機関車。
 「シクロニ」の愛称で親しまれ、東海道や山陽道を、煙を上げながら駆けた。

平成30年11月5日(月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です