ニシゴリラ「ゲンキ」に第2子

 京都市動物園は12月20日、ワシントン条約で絶滅の恐れが最も高い種に指定されているニシゴリラの赤ちゃんが生まれたと発表した。
 同園で19日夜に生まれた。
 担当者は「母親は2回目の出産で安産だった」と誕生を喜んでいる。
 赤ちゃんは18歳の雄モモタロウと32歳の雌ゲンキの第2子。

平成30年12月29日(土)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です