ふるさと納税 三条大橋補修

 ふるさと納税制度を活用して三条大橋の補修を目指す京都市は、1万円以上の寄付をした人に贈る特製手拭いを作った。
 紫と緑の2色で、時代衣装をまとった人々が橋を渡る姿で三条大橋の歴史を表現している。
 三条大橋は東海道五十三次の西の起点で、室町時代には橋があったとされる。
 1950年の架け替えに続いて74年にヒノキ製の欄干を新調したが老朽化が目立つ。

平成31年1月5日(土)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です