市立芸術大の基本設計まとまる

 京都市は、西京区から下京区崇仁地域への移転を予定している市立芸術大の基本設計をまとめた。
 敷地を3地区に分け、800人を収容できる音楽ホールや学生を含む国内外の芸術作品を展示するギャラリー、高瀬川などの自然に触れながら創作活動に励むことができるオープンスペースなどを設ける。
 2023年度の供用開始を目指している。

平成31年1月8日(火)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です