漢字学ことはじめ発行

 日本漢字能力検定協会が、昨年3月に発足した日本漢字学会の初シンポジウムをまとめた本「漢字学ことはじめ」を発行した。
 学会は漢字学や中国文化をはじめとする漢字が関わる学問を横断的に捉え、新しい感じ研究のあり方を探るために設立された。
 128ページ。1296円。

平成31年1月10日(木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です