空にかける階段’88-Ⅱ 再展示

 京都市美術館の再整備工事に伴い分割保存などを検討していた野外彫刻モニュメントについて、市は2月5日、8月から敷地内で再展示する方針を市議会委員会で明らかにした。
 作者の了解も得たという。
 作品は、高さ約11メートルと約10メートルの石柱2本でつくる「空(くう)にかける階段’88-Ⅱ」。

平成31年2月8日(金)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です