民間バスを支援

 京都市が、交通インフラの整備が不十分な地域で、市バスの代替手段となる民間バスの路線確保を支援している。
 市内11行政で唯一、市バスが運行していない山科区では、京阪バスが2017年からの増便に続き、今年3月からは小金塚地域に循環バスを試験運行を始める

平成31年3月4日(月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です