関東の鉄道会社 ホテル続々

 関東の鉄道会社が京都市内に宿泊特化型ホテルを続々とオープンしている。
 京都で増える訪日客の宿泊需要を背景に、沿線域外での収益拡大とブランド力の向上を模索している。
 四国や九州の鉄道会社の参入も相次ぎ、市内の「お宿バブル」はさらに過熱している。

平成31年2月18日(月)