ワコール脱”下着依存”

 下着大手ワコールが、2018年から宿泊事業に参入する.
 3月26日には第1弾となる京町家を活用した簡易宿所の内覧会を開いた.
 下着ビジネスに依存した経営体質から脱却するとともに、京町家保全などの地域課題の解決にもつなげる狙い.
 同社は過去に自動車開発など数々の新規事業で失敗した苦い経験があるだけに、再挑戦が成功するかどうか注目される.
 事業では、空き家になっている京町家の所有者と10~15年間借りる契約を結び、同社が改修.
 宿泊客に1棟まるごと貸す簡易宿所「京の温所」として運営する.

平成30年3月27日(火)