清水寺 大随求菩薩坐像公開

 京都市東山区の清水寺は3月2日、境内にある随求(ずいぐ)堂の本尊大随求菩薩坐像の公開を始めた.
 堂内での公開は222年ぶり.
 同寺は観音霊場「西国三十三所」の第16番札所.
 今年が西国霊場の草創1300年に当たり、記念事業として特別に公開した.
 公開は3月18日までと、10月5~15日.

平成30年3月3日(土)