ヤミ民泊取り締まり強化

 6月15日に施行された住宅宿泊事業法(民泊新法)に基づき、住宅を活用した宿泊営業が可能になった施設は京都市内で22件にとどまった.
 市は年中営業が可能な簡易宿所に変えようとしたり、様子見をしたりしている事業者が多いと見ているが、「ヤミ民泊」として違法に営業を続ける人もいる.
 市は、同日午後、京都府警と連携して取り締まり体制を強化する方針を明らかにした.

平成30年6月16日(土)

幡枝くるすの公園

 京都市はこのほど、左京区岩倉幡枝町に「幡枝くるすの公園」をオープンした.
 ジャングルジムや背伸ばしベンチなどを設置し、幅広い世代が利用できるようになっている.
 区画整理事業の一環で、住民の意見を取り入れながら整備を進めた.
 災害時にかまどとして使えるベンチも備え、健康遊具に貼られた2次元コードを読み取ると、写真付きの使用方法を見ることができる.

平成30年6月14日(木)

地下鉄・バス乗客1.8%増

 京都市交通局は5月29日、2017年度の市営地下鉄と市バスを合わせた1にち当たり乗客数が前年度比1.8%増の75万5千人となったと発表した.
 8年連続で前年を上回ったが、近年は伸びが鈍化しており、19年度までに80万人に引き上げる目標を達成するには一層の利便性向上が求められそうだ.

平成30年5月30日(水)