市バス、市営地下鉄 目標延期

 2019年度までに京都市バスと市営地下鉄の1日当たり乗客数を計80万人に増やす目標の達成が困難となり、市交通局が達成時期を28年度まで延期する方針を固めたことが2月15日分かった。
 19年度から10年間の新経営計画案に修正目標を盛り込んだ。
 市バスの運転手不足で車両数が増やせないためで、19年度は76万7千人にとどまる見通し。

平成31年2月17日(日) (京都マラソン開催)