石畳風の道 歴史の風情 演出

 京都市は、世界遺産の社寺などの周辺道路を石畳風のデザインに変える「京(みやこ)の道づくり」を2018年度から本格化させる.
 北野天満宮周辺から取り掛かり、古い建物と調和する道を整え、歴史的な趣のある景観を演出する.
 事業費計6500万円を18年度一般会計当初予算案に盛り込んだ.