先斗町歌舞練場 水明会

 京都の花街、先斗町の秋の公演「水明会」が10月25日、京都市中京区の先斗町歌舞練場で開幕する。
 芸舞妓38人が、長唄「高砂丹前」や清元「雁金」など趣向の異なる演目を披露する。
 水明会は古典の演目を中心に据えた構成で、芸舞妓が日ごろの修練の成果を発表する場としている。
 1930年に始まり、今回で105回目を迎える。

平成30年10月24日(水)

Pontocho Kaburenjo holds Suimei-kai

38 maiko will show different titles such as Nagauta “Takasagotanzen” and Kiyomoto “Karigane” at Novenber 25.
It’s 105 times since 1930.