妙心寺 防火設備が完成

 京都市右京区花園の妙心寺(臨済宗妙心寺派大本山)で、同寺と境内にある38の塔頭の防火体制を整備する事業が完成し、8日に落慶法要と記念の放水式が行われた.
 職員らが境内に整備された放水銃を作動させると、重要文化財の三門や仏殿、法塔などの堂宇が水煙に包まれた.
 事業は同寺が2013年12月から実施していた.
 国の補助を含め総事業費約21億5千万円をかけ、放水銃26基、消火栓119基を設置.
 350~1000トンの地下貯水槽を4カ所に設置した.

平成30年3月9日(金)

高台寺 試験点灯

 京都市東山区の高台寺で6日夜、春の夜間特別拝観の試験点灯が行われた.
 宗教や文化の違いを越えて平和の尊さを訴える映像が方丈前庭の白砂上や勅使門に映し出された.
 試験点灯では、プロジェクションマッピングを駆使した約4分間の映像が投影された.
 重厚なクラッシック音楽にのせて、同寺所蔵の壁掛けに描かれたキリストの母マリアや、百鬼夜行絵巻に登場する妖怪、えんま像が次々と現れる.
 夜間特別拝観は3月9日~5月6日までの午後5時~9時半.
 拝観料が必要.

平成30年3月7日(水)

大徳寺 禅寺体験教室

 京都市北区紫野にある臨済宗大徳寺派大本山・大徳寺の塔頭・大仙院は、3月25日午前10時から、禅寺体験教室を催す.
 大仙院は、子どもの春休みと夏休みに合わせて毎年教室を開催しており、今回で49回目.
 座禅や掃除、読経、法話を通して、歴史ある禅寺の雰囲気に親しむ.
 対象は子どもから大人までだが、小学生以下は保護者と一緒に参加することが条件.
 参加費は中学生以下は500円、高校生以上と保護者は千円.
 先着60名.
 精進料理の希望者は別途一人2500円.

平成30年3月6日(火)