御影祭 神楽舞披露

 葵祭(5月15日)に先立って12日に京都市左京区で行われる御影祭で、下鴨神社への行列が立ち寄る洛北高の女子生徒らが、一行を歓迎する神楽舞を初めて披露する.
 生徒は伝統ある祭りに新風を吹き込もうと、巫女装束に身を包み毎日神社で練習に励んでいる.

平成30年5月12日(日)

大原三千院スマートナビ

 京都市左京区大原の三千院は、公式アプリ「大原三千院スマートナビ」を公開した.
 スタンプラリーなどで境内の拝観をより楽しめる内容を盛り込んでいる.
 アプリでは、境内で地図を利用して見どころを分かりやすく誘導しながら案内する.
 宸殿前ではAR(拡張現実)で、5月に営まれ、最も大切とされている法要「御懺法講(おせんほうこう)」を動画で見ることができる.

平成30年5月11日(金)

大徳寺 塔頭特別公開

 京都市北区の大徳寺で戦国武将ゆかりの塔頭3カ寺が特別公開されている.
 修復が終わったばかりの黄梅院の本堂では、真新しい檜皮ぶきの屋根や黄金のふすまに彩られた堂内を見ることができる.
 黄梅院は織田信長が父の追善のために建立した「黄梅庵」に起源を持つ.
 豊臣秀吉が増築を重ね寺院に改めた.
 天正16(1588)年建築で国の重要文化財の本堂は昨年まで修復が行われ、檜皮がふき直された.
 千利休が造ったとされる庭園の一角からは、淡い茶色の美しい屋根が眺められる.

平成30年5月9日(水)