梅宮大社 梅ほころぶ

 京都や滋賀の梅の名所で、紅白の花がほころび始めた.
 京都市右京区の梅宮大社では2月12日、早咲きの品種が寒さの中で凛としたたたずまいを見せ、参拝者の目を引いた.
 同大社の庭園には約40種類・450本の梅が植えられている.
 早咲きの「香篆(こうてん)」や「寒紅梅(かんこうばい)」が二~三分咲きになったが、寒さの影響で全体的に例年より開花が遅れているという.

平成30年2月13日(火)